ニキビに悩むあなたのために。。。

なぜニキビやニキビ跡に悩むの?

 

顔写真を見せたり、手や首などの部分写真を見せて「何歳に見えますか?」というテレビCMを見たことがあるのではないでしょうか? キメの整ったみずみずしい、毛穴がめだたない、たるみのない肌と、カサカサで毛穴が目立ってくすんだ肌。CMでは、どんなお手入れが効果的か、どんな製品を使っているのかが紹介されますが、ここでは、何歳に見えるかは大した問題ではなく、自分はどっち(美しいほうか、そうでないほうか)で、それでいいと思っているか? が問われているCMです。 もちろん、多くの人は「キメが整ったみずみずしい肌がいい」と思います。そのほうが「美しく」「自分に自信がもて」「他人に認めてもらえる」からです。

 

 デコボコしたりカサカサしたり、ブツブツがあったりシワシワの肌は見た目には美しいものではありません。ですが、どの症状も人の成長の中では当たり前の現象であるのも事実なのです。どんなに気を使っていてもニキビはできるし、ニキビ跡は残るし、シワも出てきます。そんな自然な現象をなかったように、あたかも子ども(幼児や小学生)のころのままを保っているかのような肌こそが「理想」で、そうでなければならないと思うのはなぜでしょうか?さまざまな雑誌や、テレビどからの情報がそうしているのかもしれませんし、周りの人たちの「美しい肌でなくては」という無言のプレッシャーや、美しい肌をほめる習慣がその理由かもしれません。確かにトラブルのない肌は美しく、人の心をひきつけるものがあります。「肌はその人のいき方そものも」などと言う人もいます。

 

 しかし、そうでしょうか? 生き方そのものが肌に現れるのならば、どんな肌でも価値があるし、トラブルのない生き方の人のほうがつまらなく見えるはずです。それとも、トラブルのない、何の経験もしていない人の方が好まれるということでしょうか? ニキビもニキビ跡も、シワも決してその人の欠点ではないのです。

 

 一方で、欠点ではないにしても、隠しておいたほうがいいことがあることも事実。ニキビやニキビ跡も同じように、あえて見せないいことや、これ以上事が大きくならないうちに手を打つことも必要です。例えば、毎日の洗顔の後の化粧水として、「リプロスキン」を使うなど。リプロスキンは、硬くなったり乾燥しがちな肌を適度に整えながら、肌質を改善してくれる自然派化粧水。必要以上にニキビやニキビ跡におびえたり、悩んだり、気にしたりせず、ニキビができたら適切なケアをすればいいのではないでしょうか?

 

 

リプロスキンは楽天よりも公式サイトがお得

安心の60日間返金保証♪今なら初回限定500円OFFキャンペーン中!

リプロスキンボタン