敏感肌でもリプロスキン使えますか?

ニキビが気になるのに敏感肌です。そんな肌でもリプロスキンは使えますか?

 

痛い、かゆい、赤くなる・・・様々な症状を伴う敏感ニキビ肌、お辛いですね。でも、ニキビはなんとかしたいし悩むところです。
「リプロスキン」は敏感肌でも使用可能かとのご質問、答えはほぼ安心してご使用いただけます。
そもそも、敏感肌とはどうして起こるのかということをご理解頂くと、ご納得いただけると思います。
私たちの肌は、角質層という層で覆われていて、肌内部への刺激や異物の侵入を防ぐとともに、肌内部からの水分の蒸発等を抑えて肌をみずみずしく健康に保つように
できています。

 

この角質層を作る細胞が肌の奥にあり、角質層の元となる細胞を生んでいます。
ここで生まれた細胞は約2週間かけて角質層へと成長して、これが14層ほど重なって角質層というバリアを形成します。
一番上で肌を守る役割を果たした角質層は垢となって剥がれ落ち、その下にあった角質層が上に上がって肌を守ります。
この細胞が生まれて垢となって剥がれ落ちるまでのサイクルをは肌のターンオーバーと呼ばれています。

 

敏感肌の人の一番の特徴は、このターンオーバーのリズムが乱れていることが挙げられます。
生まれた細胞が、ストレスや不規則な食生活、また持って生まれた体質等により2週間かけて成長することができず、十分な大きさまで成長することなく角質層へと
上がってきてしまうのです。
すると、角質層の間に隙間が生まれます。

 

この隙間から、肌内部の水分が必要以上に蒸発してしまうことにより乾燥を招き、また外部からの刺激が一気に肌の奥まで入り込みかゆみなどのトラブルを招きます。
そして、肌が乾燥することにより角質層がめくりあがり剥がれた垢が毛穴に落ち込むことによりニキビを発生させます。
ニキビを伴う敏感肌を軽減するには、この肌のターンオーバーを正常に戻すお手入れが必須となります。
そこで「リプロスキン」の出番です。

 

「リプロスキン」には肌のターンオーバーを正常な状態に近づける作用のある「プラセンタエキス」がたっぷり入っているので使い続けるうちに28日ごとに生まれ変わりを
繰り返す健康なお肌に近づいていきます。

 

また、刺激による炎症を防ぐ「グリチルリチル酸ジカリウム」が肌の炎症を抑えてくれますので、かゆみや肌の赤みを軽減してくれます。
肌への刺激となる合成香料・着色料・鉱物油・パラベン・アルコールが無添加なので肌のバリア機能が弱ったお肌にも優しい使い心地となっています。
失われる水分量を考慮して保湿成分もたっぷり入っていますから、従来のニキビ肌用の化粧品のように使ったら余計に乾燥して悪化してしまうという心配もありません。

 

ただし、効果が出るまでには肌のターンオーバーサイクルが関係します。
最低でも28日以上はかかるかもしれません。
肌内部のトラブルを改善していくには根気が必要ですが、ターンオーバーが正常な健康なお肌になるためにもぜひ頑張ってみましょう!

 

 

リプロスキンは楽天よりも公式サイトがお得

安心の60日間返金保証♪今なら初回限定500円OFFキャンペーン中!

リプロスキンボタン